沖縄行ったら外せないシュノーケリングや体験ダイビング

晴れたら行きたい沖縄体験ダイビングやシュノーケリング

シュノーケリングとは

2014年5月30日 conservativeinsights.com 体験

赤い魚の大群

シュノーケリングとは、シュノーケルと呼ばれる呼吸用具を身につけて遊泳することをいいます。水面または比較的浅い水中を遊泳することを指す言葉であり、潜水を目的とする「スキンダイビング」とは区別されています。 スキューバダイビングと比べて必要な機材が少なく、Cカード(ダイビング指導団体が発行する技能認定)の取得も必要ないため、手軽なレジャースポーツとして人気が高くなっています。基本的にシュノーケル、マスク、フィンの三つを身につけて水面に浮いているだけでもよいため、泳ぎの苦手な人や体力に自身のない人でも楽しむことができます。

More

国内でシュノーケリングを存分に楽しむ方法

2014年5月30日 conservativeinsights.com 体験

男性のアップ

シュノーケリングを国内で試してみたい人にとっては沖縄の海が一番適しています。 なぜならば体験ダイビングができる業者が多数存在しており、 気軽に、なおかつ世界にも誇れる透明度の高い海でシュノーケリングを体験できるからです。 特に本島から船で一時間程度の、慶良間諸島でのポイントには多数の種類の海亀や色鮮やかな魚が生息しており、手に届く近さで観察することができます。 そのポイントには業者が船で直接連れて行ってくれますし、それぞれの船が魚群探知機で色んな魚に会えるポイントを探して情報を共有しているので、せっかく挑戦しに行ったのに何も見れないということはありえません。

More

シュノーケリングの概要

2014年5月30日 conservativeinsights.com 体験

男性と珊瑚

シュノーケリングとは、主に海の水面付近や浅瀬を中心に遊泳するマリンスポーツの一種です。類似のマリンスポーツにスクーバダイビングが存在しますが、こちらは開始するのにダイビングライセンスや酸素ボンベなどの重装備が必要となりますが、その点においてシュノーケリングは、比較的手軽な装備とライセンス無しでも行えることなどから、大勢の人間に楽しまれています。 日本においては、沖縄の海が人気のスポットとして注目されており、体験ダイビングのツアーなども頻繁に企画されています。

More

体験ダイビングの楽しみ方

2014年5月30日 conservativeinsights.com 体験

たくさんの魚にエサやり

マリンスポーツは沖縄の大きな魅力のひとつです。その中でも体験ダイビングは免許を持っていない人でも気軽に参加することができ、未経験でも海の世界を楽しめます。 ただ海中という特殊な環境に、同行者全員が必ずしも積極的ではないかもしれません。そんな時利用したいのが、多くのダイビングショップで企画されている潜水ポイント周辺でのシュノーケリングツアーです。 機材を背負って深くまで潜ることに抵抗を感じる人も、海面に浮かびながらダイバーと同じ海の世界を共有できるのです。

More

体験ダイビングの注意点

2014年5月30日 conservativeinsights.com 体験

こっちを見ている人

体験ダイビングの注意点は大きく分けて2つあります。 1つめは耳抜きで、スキューバダイビングは耳に圧力のかかる行為なので、耳ぬきが出来ないと耳の痛みだけでなく、鼓膜を損傷する恐れもあるので耳ぬきが出来ることが前提となります。2つめは減圧症で、ダイビング後は減圧症になる恐れがあるので一定時間をおかないと飛行機に搭乗することは出来ません。そのため旅先で体験ダイビングをおこなう場合はフライトスケジュールに注意しなければなりません。 その他インストラクターの指示に従い、海でのマナーを守って体験する必要があります。

More